住宅ローン比較.com住宅ローンお役立ちコラム>銀行の住宅ローン保証料を無料にする方法

銀行の住宅ローン保証料を無料にする方法

住宅ローンのシミュレーションなどをしてみると分かりますが、住宅ローンの「保証料」という項目は結構な金額になっていることが分かります。ちなみに、通常保証料を金利に上乗せした場合、およそ0.2%の金利上昇と同じくらいの費用負担となってしまいます。
ここでは、当然合法的に住宅ローンの保証料を無料にする方法を説明していきます。

 

保証料を無料にするには

まず、住宅ローンにおける保証料の仕組みについては「保証料とは(住宅ローンのコスト)」のページをご一読下さい。

さて、保証料とは、銀行が保証会社に保証料を支払う事で、万が一契約者がローンを払えなくなった場合に一時的に立替をおこなうための費用です。保証料は本来は銀行側が債務者(ローン契約者)が支払えなくなるかもしれないリスクをヘッジ(リスクヘッジ)するためにおこなっているものです。そして、その費用を契約者に対して負担させているものなのです。

つまり、年率換算すると0.2%程度の手数料というのは、銀行にとっても「利益」というわけではないのです。この費用分は保証会社(信用保証会社)に対して支払われるだけなのです。逆を言えば、返せなくなるリスクは小さいよ(無いよ)ということを銀行側に納得してもらえればその費用をわざわざ徴収する必要は無いということになります。

 

保証料がかかる銀行の住宅ローンでも保証料を無料にできる場合も

保証料は銀行側からすればリスクヘッジのための費用であり、収益ではありません。そのため、銀行によってはこうした保証料を一定の条件を満たせば無料にするというところも少なくはありません。
なお、以下を満たせば必ず無料になるというわけではありません。また、一つではなく複数をみたさなければならないという場合もあります。

1.年収が一定以上

年収が高いということはそれだけ返済能力が高いことを意味しています。銀行や借入する銀額によって異なりますが、年収換算で400万円〜500万円以上の場合には保証料無料となるところも多いです。

2.一定規模以上の勤務先

勤務先の安定度が見られます。一般的には「公務員」「一部上場企業」などが該当することが多いです。(1)の年収とセットになっているケースもよくみられます。

3.頭金の割合が一定以上

頭金として入れる資金が、担保物件の○割以上などの頭金による条件です。

 

以上のようなものがあります。もちろん、こうした条件を銀行側が大々的に発表することは基本的には無いと思います。ですから、シミュレーションを出された際に、保証料の名目があれば、「何か条件を満たすなどしたら保証料は無料にできないか?」と担当者や行員などに聞いてみるとよいかと思います。

ちなみに、こうした条件が満たせない場合は「フラット35(保証料無料)」や最初から保証料無料を打ち出していいる住宅ローンを見てみるのも良いでしょう。
ただし、保証料の目安は0.2〜0.3%程度です。逆に、保証料無料であっても保証料がかかる銀行との住宅ローン金利差が0.2%以上あるであればアドバンテージはないということになるでしょう。

 

保証料が無料となっている住宅ローン

以下は住宅ローンの保証料を無料に最初から設定している銀行です。保証料という無駄な費用を節約して賢い住宅ローン、借り換えローンにしましょう。

住信SBIネット銀行
保証会社を利用しないため保証料はいただきません。

ソニー銀行
シンプルな商品をご提供するために、保証会社を使わず、保証料を無料といたしました

新生銀行
保証会社自体を利用していない ため、保証料を無料にすることができます

イオン銀行
保証料0円。

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンお役立ちコラム