住宅ローン比較.com住宅ローンの基礎知識住宅購入前に知っておくべきポイント>ライフステージと住宅購入

独身・DINKS・ファミリー別の住宅購入とローンの組み方

住宅購入は人生にとても大きな影響をあたえます。今後の家族計画、ライフプランなどをしっかりと考えた上で購入時期を検討しましょう。今後の収入の変化の予想や、子供や家族関連での支出予想などを踏まえたうえで、いつまでにいくらためて、いつ住宅購入をするのかについてしっかりとプランをたてましょう。

 

独身の方の住宅購入・ローン計画

独身の時に家(マンション)を買う場合は将来の家族の増加も考えておく必要があります。売却して新しい家を買う、誰かに貸すという選択肢をとるとしても、そのように売却しやすい物件を選ぶ必要があります。

生涯独身というのであれば、自分の趣味嗜好に走っても良いですが、将来家族が増える可能性があるというのであれば、万人受けしやすいエリアでの住宅購入をお勧めします。

 

夫婦二人の住宅購入・ローン計画

将来の子供の計画も考えておきましょう。子供が生まれるとどうしても子供部屋が必要になります。そのための部屋の広さやリフォームなどが可能かどうかを検討しておきます。建て替えや売却をする場合は独身の場合と同じように売りやすさを物件選択の場合に考えましょう。

ローンについて、共働きのように家計に余裕があれば「長く借りて短く返す」というプランを組むようにしましょう。夫婦共働きの場合は「ペアローン」などを選択するのも一つの選択です。

 

子供がいる家庭の住宅購入・ローン計画

今をベースに考えて良いでしょう。しかしながら、子供はいずれ独立します。その時を考えて子供が出て行ったあとのことも考えておくと良いでしょう。

すでにお子様がいるなら、年齢から逆算すればある程度お金がかかる時期といものもわかるかと思います。子供の教育費・学費は一人当たり1000万円を超えると言われています。(子供の教育費については「子育て費用とマネープラン」などが参考になります)

特に、大学生の時期などは多くの家計が赤字になると言われており、その資金計画も含めた上で住宅ローンを組む必要があります。

家計に余裕があるうちはなるべく繰上返済をすることが推奨されますが、住宅ローン完済前に子供の教育費のピークが来るというのであれば、その分は繰上返済ではなく別途確保しておく必要があります。

すでに子供が中学生・高校生というよりにそれなりに大きいのであれば将来的に独立することも踏まえたリフォームなどができる形で住宅を購入するのも手ですね。

 

>>住宅購入前に知っておくべきポイントの一覧に戻る

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンの基礎知識