住宅ローン比較.com住宅ローンの基礎知識住宅ローンの種類>住宅金融公庫

住宅金融公庫(このローンは現在終了しています)

住宅ローンの公的融資制度に基づく貸付です。長期固定金利による住宅ローンサービスの提供を目的に行われていた融資制度。現在では、民業圧迫などの観点から住宅金融公庫は廃止され、新規の住宅ローン融資は行われていません。

 

住宅金融公庫について

現在住宅金融公庫は廃止され、住宅金融支援機構(じゅうたくきんゆうしえんきこう)となっています。単独での住宅ローン貸付は行わず、民間金融機関と協力して住宅ローンサービスを提供しています。その代表的なサービスがフラット35です。

また、住宅ローンについての啓蒙活動や民間の金融機関と協力して住宅ローンの開発を行うなどの業務を行っています。個人に対する直接の住宅ローン貸付などは行っていません。

現在この公的な住宅ローンのしくみとして「フラット35」がその代替的役割を務めているといえるでしょう。

 

住宅金融公庫の融資を返済中の方は借り換えを検討しよう

融資をすでに利用して返済中の方は、従来の契約内容が完済するまで引き継がれます。

ただし、2016年現在で公庫融資をご利用中の方は「借り換え」を検討するべきです。公庫融資は2006年を最後に募集が終了しています。

2006年当時と比べて、住宅ローンの金利市場は大きく下がっています。2016年1月には「マイナス金利」が導入されたこともあって、住宅ローン金利は未曾有の低金利時代を迎えています。

多くの方にとっては現在の公庫融資を継続するよりも借り換えによって住宅ローンを切り替える方が有利な状況となっているはずです。
ちなみに、同じ固定金利のフラット35フラット20への借り換えも可能です。

最新の住宅ローン金利については「借り換えローンランキング」のページも参考にしてください。

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンの基礎知識