住宅ローン比較.com住宅ローンの繰上返済>住宅ローンを借り換えを有利に進めるためのコツと知識

住宅ローンの借り換えを有利に進めるためのコツと知識

具体的に住宅ローンの借り換えを検討するときに、具体的にどのような流れで進めていけばいいのか具体的な手順を含めてを解説していきます。

借り換えローンは上手に活用をすれば、毎月の返済額を少なくして、最終的なローンの返済総額を小さくすることができます。数千万円単位のローンだからこそ、コンマ数パーセントの節約でも100万円以上の経済効果を生むことがあります。

その一方で、住宅ローンの借り換えには数十万円費用もかかります。上手に借り換えをするめるにはそうした費用も含め考える必要があります。

このページでは住宅ローンの借り換えを有利に進めるために知っておくべき知識やポイントをわかりやすくまとめていきます。

 

住宅ローンの借り換えがお勧めな方

昔の固定金利の金利の高い住宅ローンを利用している方などは特に借り換えローンがお勧めです。わずか1%の金利節約効果だけでも数百万円単位の差がでることもあります。

  1. 返済期間が15年以上ある方
  2. いまの金利よりも1%以上金利を下げられる方

以上の条件を満たしているならかなりの経済効果が期待できます。上記を満たしていない場合でも昨今の金利情勢を考えると経済効果が生じる可能性がありますので、ぜひ検討してみてください。

借り換えによってローン負担が軽くなる状況なら、早いほど総トータルで見た返済総額はより軽くなります。今の住宅ローンの負担は重いなと感じたのなら、まずは借り換えができないかどうかを検討してみましょう。

 

住宅ローン借り換えのステップ

1.借り換えシミュレーションをやってみよう
住宅ローン各社では、自社に借り換えをしたときにどんな風に返済額が変わるのかというシミュレーションをやっています「住宅ローン借り換え比較ランキング」で紹介されている銀行などの公式ページでぜひ試してみましょう。
>>借り換えシミュレーションをやってみよう

 

2.借り換え候補となる銀行を比較しよう
借り換えローンの利用を考えたら、次に銀行を比較しましょう。大きなポイントは金利と諸経費です。ローン総額が大きい時は金利を重視、少ない場合は金利だけでなく諸経費も重視するようにしましょう。
>>借り換え候補となる銀行を比較しよう

 

3.借り換えローン仮審査の申請をする
銀行の借り換えローンは申請から仮審査、本審査と進みますがおおよそ1カ月程度の時間が必要になります。ポイントは一つの銀行に絞らずに複数の銀行で申込をしておくこと。本審査でNGとかになると面倒ですから・・・
>>借り換えローン仮審査の申請をする

 

4.現在の住宅ローン会社(銀行)に一括(全額)繰上返済の手続きをする
本審査がOKで、借り換えに利用する銀行を決めたら、現在利用している住宅ローン会社(銀行)に一括繰上返済の手続きをします。具体的な手順などは借り換えをする銀行の担当者が丁寧に教えてくれるはずです。
>>現在の住宅ローン会社(銀行)に一括(全額)繰上返済の手続きをする

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンの繰上返済・借り換え