住宅ローン比較.com住宅ローンの申込・審査>住宅ローンの事前審査と本審査

住宅ローンの事前審査と本審査との違い

住宅ローンの審査は大きく「事前審査(仮審査)」と「本審査」の二本立てで行われます。事前審査(仮審査)とは、契約予定者の基本的な属性や借入金額の妥当性などが簡単にチェックされます。その上で、仮審査に通過して、物件の売買契約が済んだのちに行われるのが本審査となります。

 

事前審査(仮審査)の内容とは

住宅ローンの事前審査(仮審査)は、金融機関(銀行など)の窓口はもちろん、最近ではインターネットでの申し込みも可能となっています。(ハウスメーカーや分譲マンションなどの提携ローンを利用する場合は販売会社経由となります)

事前審査では、以下の書類が必要になります(一例)

  1. 事前申込書
  2. 本人確認書類(免許証など)
  3. 所得証明書(源泉徴収票・所得証明書)
  4. (自営業・経営者の方):会社の決算書(過去3期分)

事前審査にかかる時間はおよそ1週間程度です。ただし、購入する物件が中古物件の場合にはもう少し時間がかかることもあるようです。

事前審査がOKの場合、住宅購入などの手続きが進められ、契約完了後(購入決定後)に本審査を行います。

 

住宅ローンの本審査について

住宅ローンの本審査に必要な書類にはおおよそ以下のものがあります。不備や間違いなどがあると融資実行が遅れてしまうこともありますので、慎重に漏れが無いかをチェックしましょう。

金融期間側が用意するもの
・住宅ローン借り入れ申込書
・団体信用生命保険(団信)申込書・告知書

契約者自身が用意するもの
・本人確認書類
・年収確認書類
(源泉徴収票・所得証明書・納税証明書・確定申告書など)
・物件関連書類
(売買契約書・重要事項説明書・登記簿謄本・物件概要書類・公図・間取り図など)

本審査の審査期間は3週間程度は必要になりますので物件の支払いなどについては予め余裕をみた設計にしておくことが大切です。

 

仮審査や本審査は複数の銀行の申し込みしてもOK?

結構不安に思われている方が多いようです。

まず、仮審査については複数の銀行に同時審査の依頼をしても問題ありません。堂々と相手の銀行に伝える必要はありませんが、聞かれたら複数で同時に進めていると申告しても問題ありません。
銀行側は個人信用情報機関を通じて複数の銀行に申し込みをしていることはわかりますので逆に隠し立てをすると何か不都合があるのかと逆に勘ぐられる可能性がありますので、正直に答えましょう。

他行の条件も抑えておく方が相手銀行に対する交渉上優位になる可能性もあります。

あまり多くの銀行に申し込みをしても、手続きなどが大変ですので、3銀行くらいに絞って、それぞれ審査の申し込みをされると良いかもしれません。

本審査についても問題は特にないと思いますが、原則的には本審査の依頼は正式に依頼するというのが基本ですから、道義上は1銀行に絞るのが良いかと思います。

ただし、急いでいるようなケースでその銀行に断られてから他の銀行をあたっていては資金繰りの関係で問題があるというような場合は、複数銀行に本審査の申し込みをするのもやむを得ないと思います。

その場合は、事前に各銀行の担当者に対してその旨を伝えておくべきでしょう。
会社(銀行側)のルールでそういったことを認めていないようなケースもあるようです。

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンの申込と審査