住宅ローン比較.com住宅ローンの申込・審査>住宅ローンの利用条件

住宅ローンの利用条件

住宅ローンは現在、民間の金融機関による提供が主となっています。そのため、住宅ローンの利用条件については、それぞれの金融会社が独自に決めている場合があります。ですが、基本的な項目はほとんどの金融機関で共通といえます。ここでは、住宅ローンを利用するにあたって、一般的に必要とされている利用条件について解説します。

 

住宅ローンの利用条件

住宅ローンの利用条件としては、各金融機関ごとに若干の違いはありますが、大きく「年齢」「担保(通常は購入する住宅)」「年収・勤続年数」「生命保険(団信)加入」などが条件となります。それぞれの細かい説明は別途行いますが、ここでは、主に一般的な項目を解説します。

通常、住宅ローンを利用する場合は下記の幅に収まるくらいが利用条件となります。ただし、あくまでも一般的な幅であり、住宅ローンの種類や提供する金融機関によって大なり小なりの利用条件の差はあります。

 

年齢

満20歳以上で66歳以下。さらに最終返済時の年齢が80歳未満くらい。ただし、親子リレーローンのようのな住宅ローンを利用する場合は最終年齢は緩和されます。

 

担保

通常、住宅ローンの担保は購入する住宅です。一般的に担保的な価値を評価して、借りたい金額に対してあまりにも担保的価値が小さいと住宅ローンの利用ができない場合があります。「物件価格」と「担保価値」は異なりますのでご注意ください。

 

年収・勤続年数

税込年収(課税前年収)が二百万円以上というのが主な最低ラインとなることが多いようです。また、勤続年数は最低でも1年以上、普通に評価されるレベルで3年以上が利用条件となる場合もあります。

 

生命保険(団信)への加入ができるか(健康状態)

銀行・金融機関によっては、団信への加入が住宅ローン利用の条件であることがあります。ただし、最近では「フラット35」に代表されるように、必ずしも保険加入が必要とはならなくなってきています。
団信は生命保険なので、持病や健康状態によっては加入できない場合があります。団信必須の住宅ローンで団信に加入できないということはローンも利用できないということになります。健康には注意しましょう。

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンの申込と審査