住宅ローン比較.com住宅ローン返済プラン・金利住宅ローンが返済できないとき>一定期間住宅ローン返済額を軽減してもらう

一定期間住宅ローン返済額を軽減してもらう

入院や子供の進学、または突発的な事情により一時的(限られた期間の間)に費用がかさむなどして住宅ローンの返済が厳しく、その先の見通しが経つ場合には、一定期間の住宅ローン返済額の軽減を依頼するという方法があります。

 

住宅ローンの一定期間返済額軽減

例えば、自分が入院することになって一時的に収入が減少する、子供の私立学校への入学で一時的に支出が多くなる、など様々な理由により住宅ローンの返済が一時的に厳しくなる場合があるかもしれません。そうした場合に活用したいのが住宅ローンの一定期間返済額軽減措置と呼ばれるものです。

これは、銀行と協議して認められた一定の期間だけ住宅ローンの支払額を引き下げてもらい、その後元に戻す(軽減分は後日負担する)形になります。

この方法の中身自体は「住宅ローンの返済期間の延長を申請する」という方法の一つではあるのですが、期間延長よりも総合的な利息負担の金額が少なくて済むというメリットがあります。

一方で、負担額が軽減するのは一定期間だけでその後の負担は現在よりも重くなるので(軽減分の返済+利息)、将来の見通しがはっきりしている場合に適していると言えるでしょう。

 

住宅ローンの返済が厳しい時の対応のまとめ

以下は住宅ローンの返済が厳しい時に取ることができる対応のまとめ(一覧)です。

方法 概要
住宅ローンの返済期間延長(リスケ)

住宅ローンの返済期間を延ばしてもらい、それに合わせて月々の返済額を少なくしてもらうという方法です。

住宅ローン返済額の削減(リスケ)

住宅ローンの返済が一時的に厳しい時などに取られるリスケの一種。一定期間返済額を削減してもらうというもの。

個人再生手続き

財産の整理方法のひとつ。自己破産と異なり、自宅を残したうえで借金の整理を行うことができる方法の一つです。

任意売却

ローンが払えなくなり、銀行(保証会社)から競売に掛けられる前に、自宅を売却するという方法です。競売よりも高く売れる可能性がありますが、ローン残高を下回る売却には銀行は及び腰となります。

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローン返済プラン・金利