住宅ローン比較.com住宅ローン返済プラン・金利住宅ローン返済プランガイド>返済額一定型

毎月の返済額を一定にして管理しやすい住宅ローンプラン

返済額一定型とは、毎月の返済額を固定化して、住宅ローン設定期間毎月同額を決まった期間の間返済するというタイプの返済方式です。ローン金利は固定金利型であり、元利均等方式による返済を行うプランを指します。

 

返済額一定型が向いている人

返済額を一定とする住宅ローンに向いている人は以下のような条件を満たす人があげられます。

  1. 今後の収入構造に変化がない(夫のみの収入である)
  2. 将来的な収入の増加は見込めない・楽観視できない
  3. 共働きであるが現在の収入があまり多くない
  4. 今後のライフプランにおける支出構造の変化は考えにくい

つまり、住宅ローンの返済開始から返済終了までの家計支出があまり変わらないであろうと想定される場合におすすめとなるプランです。

このような場合、返済額がアップしてしまうと家計に対して甚大な影響を与えてしまうリスクが残ります。そのため、金利上昇による返済額上昇のリスクを避ける方法をとります。

 

返済額一定型の住宅ローン設計と返済プラン

返済額を一定とする住宅ローンの設計としては、「長期固定金利」かつ「元利金等返済方式」を利用しましょう。この場合、住宅ローン設定期間の間、ローンの負担額が変動することはありません。

そのため、家計管理も容易となります。家計に余裕が出てきた場合に繰上返済などを活用することも可能です。

デメリットとしては、「元利均等返済と元金均等返済の比較」でも述べた通り、返済の初期は返済額に占める「利息」の割合が高いため、中々返済が進みにくいということです。

全体として考えるとバランスの取れた一般的な住宅ローンの返済プランだと言えます。

 

その他の住宅ローン返済プラン

初期重点返済型
後期重点返済型
短期間返済型

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローン返済プラン・金利