住宅ローン比較.com住宅ローンのリスク管理>建物(家屋)への災害に対して備える

建物(家屋)への災害に対して備える

住宅(マイホーム)という不動産を持ったときに心配になるのが、火事・地震といった自然災害による建物の破損・価値下落リスクです。こうしたリスクについてはただ単に「気をつける」だけではどうしようもないことが多いです。

そこで、こうしたリスクに備えるためには建物家屋に対する保険制度を活用しましょう。

 

損害保険で風水害、地震・火災などに対して備える

マイホームを買ってもいつ風水害・地震・火災などの被害に遭うかわかりません。もし被害にあった場合には住宅ローンだけが残ってしまいます。
たしかに、建物が全壊・半壊するような災害にあうリスクは低いです。しかし、そうしたリスクが顕在化したときの被害額はどうしても大きくなってしまうというのが自然災害・火災です。

住宅ローンのリスクとして、すくなくともローン返済期間中についてはこうしたリスクに備える保険(損害保険)に加入しておきましょう。

 

火災保険

火災保険は住宅ローン契約で必須としているところもあります。火災保険は火災で建物や家財などが被害にあった場合にその被害額を保障してくれる保険です。住宅ローン会社を通じて契約することもできますが、自分自身で損保会社と個別に契約することもできます。
>>火災保険

 

地震保険

日本は地震の多い国です。地震保険は地震による家屋の倒壊はもちろん、地震による建物火災についても保障してくれます(逆に通常の火災保険では地震が原因で起きた火災は保障されません)。そうした意味で建物の倒壊・火災のリスクがある地震保険は重要な保険の一つです。
>>地震保険

 

自然災害免除特約

住宅ローン会社が提供する特約的なミニ保障もあります。自然災害免除特約とは、自然災害の被害にあった場合、被害の程度や大きさに応じて一定期間の住宅ローン返済を免除するというものです。これだけでリスクが完全にカバーできるわけではありませんが、保険料との兼ね合いをみてこうしたサービスを利用するのも手でしょう。
>>自然災害免除特約

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンのリスク管理