住宅ローン比較.com(HOME)住宅ローン最新トピックス>マイナス金利で住宅ローン金利はどうなる?

マイナス金利で住宅ローン金利はどうなる?

2016年1月に日銀が「マイナス金利」の導入を発表しました。これを受けて、長期金利(市場金利)は過去最低金利を更新しました。当然ですが、住宅ローンの金利にも大きな影響を与えることになるかと思います。

今回はそんなマイナス金利が住宅ローン金利にどのような影響を与えるのかをまとめていきたいと思います。

 

住宅ローン金利はマイナス金利がどう影響する?

2016年1月29日に日銀はマイナス金利を導入しました。

すでにECB(欧州中央銀行)やスイス、デンマークなどのヨーロッパの中央銀行で導入されているマイナス金ですが、日本銀行もついに導入しました。

住宅ローン金利への影響が気になる方が多いかと思いますが、当然に影響を与えることになるでしょう。

ちなみに、マイナス金利を導入しているデンマークでは短期の住宅ローン変動金利が「マイナス金利」になっているという事例もあります。ここまでなると住宅ローンを借りることで逆にお金がもらえるという異常な状態と言えるわけです。

既に、「住宅ローン減税」による効果も入れれば実質上の住宅ローンのマイナス金利は実現しているわけですが、日本でももしかしたらマイナス金利の住宅ローンが登場することがあるかもしれません。
参考:1%を切る住宅ローンでできる裏技、住宅ローンで事実上のキャッシュバック

もっとも、日本のマイナス金利は0.1%です(日銀当座預金)。最低でもこれを下回ることはありませんし、実際にマイナス金利の住宅ローンが登場する可能性というのは決して高くないはずです。

ただし、全般的に住宅ローン金利の金利引き下げ圧力は当面高まることかと思います。

実際に、2016年2月の住宅ローン金利をみると前月比でも低下傾向が続いています。借りたいと考えている人にとってはかなりの魅力的な政策と言えるかもしれません。

 

住宅購入・住宅ローン情報一覧

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンQ&A / 返済に関するQ&A