住宅ローン比較.com住宅ローン比較ランキング住宅ローン一覧住信SBIネット銀行>フラット35

住信SBIネット銀行のフラット35

住信SBIネット銀行住宅ローン低金利の住宅ローンや、安い手数料、8疾病保障などに強みがある住信SBIネット銀行がフラット35の提供も開始しています。

住信SBIネット銀行 フラット35公式ホームページ

 

住信SBIネット銀行 フラット35の特徴および基本情報

フラット35は民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利の住宅ローンです。
長期の固定金利のローンを比較的低い金利で組むことができる住宅ローンとして人気を集めています。

フラット35は提供する金融機関によって提示される金利が多少異なることがありますが、多くの金融機関の中でも住信SBIネット銀行は最低水準の金利で住宅ローン(フラット35)を提供しています。

後述しますが、住信SBIネット銀行なら8疾病保障の保険を設定することも可能です。

固定期間 15年〜35年
上限額 8000万円
ローン金利

20年:1.01%
35年:1.09%

融資保証料 無料
事務手数料 融資額の1.0%(税別)
住信SBIネット銀行を返済口座に指定した場合
繰上返済 無料(1円〜)
団信保険料
借り換えローン 可能
ミックスローン 可能
夫婦ペアローン 可能

※金利は常に変更しています。「住信SBIネット銀行」における金利水準は2017年6月1日現在の金利水準を基準に計算しています。最新の金利情報は公式ホームページ等で必ずご確認ください。

 

住信SBIネット銀行でフラット35を利用するメリット

 

事務手数料が安い

フラット35、フラット35Sの利用の場合、手数料は借入金額の1%です。他社だと2%を超える手数料がかかることも多く、これだけでも2000万円の住宅ローンなら20万円もの差になります。事務手数料の安い住信SBIネット銀行のフラット35はそれだけでも魅力的といえるでしょう。

 

保険(8疾病保障)を付帯できる

もともとフラット35には団体信用生命保険(万が一の場合にローン残債が保険でカバーされる保険)がついていません。そのため、補償が必要な場合は別途保険に加入する必要があります。

住信SBIネット銀行なら通常の住宅ローンでも提供している「8疾病保障」を有償にはなりますが、フラット35にも付帯可能です。

補償されるのは死亡以外にも「ガン、脳卒中、急性心筋梗塞(3大疾病)」+「高血圧、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎(5つの重度慢性疾患)」が対象です。就業不能状態になればローン返済額が保障、それが1年継続すればローン残高が無料になります。

 

住信SBIネット銀行 フラット35公式ホームページ

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローン比較ランキング