住宅ローン比較.com>住宅ローンの繰上返済と借り換え

住宅ローンの繰上返済と借り換え

住宅ローンの繰上返済では、住宅ローンの負担減や早期返済を目的として、通常の支払額よりも大きい金額を返済することで、住宅ローンの返済期間を短縮したり、その後の返済額を少なくするための方法の一つです。ここでは、繰上返済についてのポイントや注意点などをわかりやすく解説していきます。

 

繰上返済とは

繰上返済とは、要するに今後の住宅ローンの返済を「繰上して返済する」ことをさします。後に支払う予定のお金を前もって支払うということになりますので、今後の毎月の返済額をその分減らして調整するか(返済額軽減型)、支払い期間を短くするか(返済期間短縮型)の二つの方法を選ぶことになります。
ただし、繰上返済は無計画に行いすぎた場合、住宅ローンの借り換えなどでトラブル(問題)が発生する場合があります。繰上返済は無計画にお金が余ったから…といって行うのではなく、しっかりと考えた上で行うようにしましょう。

繰上返済には2つの種類がある

繰上返済はその方法により「期間短縮型」と「返済額軽減型」の二種類に分類することができます。ここでは、住宅ローンの繰上返済における期間短縮型と返済額軽減型についてそれぞれの違いや、それらの経済的な意味についてわかりやすく解説していきます。
期間短縮型
返済額軽減型

 

繰上返済活用のポイント

繰上返済活用のポイントでは、繰上返済を行う前にぜひチェックしておきたいポイントや繰上返済を行う際の注意点などについて、それぞれ事例を交えながらわかりやすく説明していきます。
繰上返済と手数料
繰上返済と運用
繰上返済と考えておきたいマネープラン
金利見直しと繰上返済
繰上返済と借り換え

 

ユニークな繰上返済制度

民間金融機関の中には繰上返済をより簡単に行えるように様々な工夫を凝らしたサービスを提供している会社が多くあります。ここでは、その中からユニークな繰上返済制度を用意している各サービスについて内容等を説明していきます。
自動繰上返済
預金連動型住宅ローン

 

住宅ローンと借り換え

住宅ローンの借り換えとは、今借りているローンを完済し、別のローンに乗り換えることを指します。ここでは、借り換えとは、一体どのようなものなのか、また住宅ローンの借り換えを検討する際、どのようにして検討すべきなのかということをわかりやすく解説していきます。
>>住宅ローンと借り換え

住宅ローンを借り換えする3つのメリット

借り換えを行う場合、ローンの借り換えを行う目的というものを明確にして、借り換えによるメリットを十分に発揮させる必要があります。主な目的としては、金利を下げる、変動金利を固定金利にする(金利上昇を回避する)、現在の毎月の返済額を減らす(抑える)といったことが挙げられます。ここでは、それらの目的別に借り換えを行う方法を解説していきます。
>>住宅ローンを借り換えする3つのメリット
総返済額を減らす
金利上昇を回避する
毎月の返済額を減らす

 

住宅ローンの借り換えとコスト

住宅ローンの借り換えには手数料というコストがかかります。そのため、単純に金利が安いというだけで借り換えをするわけにはいきません。金利を下げることができ、かつ手数料コストを抑えることができてはじめて、よい借り換えができたといえるのです。
>>住宅ローンの借り換えとコスト

 

住宅ローンを借り換えまでのステップ

具体的に住宅ローンの借り換えを検討するときに、具体的にどのような流れで進めていけばいいのか具体的な手順を含めてを解説していきます。
借り換えシミュレーションをやってみる
候補の銀行を比較する
仮審査の申込をする
現在の銀行に一括繰上返済の申込

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンの繰上返済・借り換え