住宅ローン比較.com住宅ローンの繰上返済>繰上返済のポイント

住宅ローンの繰上返済の上手に行うポイント

繰上返済活用のポイントでは、繰上返済を行う前にぜひチェックしておきたいポイントや繰上返済を行う際の注意点について、それぞれ事例を交えながらわかりやすく説明していきます。

繰上返済は上手に行うことで住宅ローンの総返済額を小さくできる方法ですが、無計画な繰上返済は将来自分の首を絞めることにもなりかねません。

 

賢く、上手に繰上返済を活用しよう

繰上返済は上手に行うことで、住宅ローンの総返済額を小さくしてくれます。
住宅ローンの鉄則の一つとして「長く借りて早く返す」という言葉がありますが、長く借りるというのは返済にバッファを持たせて万が一のリスクに備えること、そして、早く返すというのが余裕がある時に繰上返済をして早く住宅ローンを返済して総返済額を小さくするということです。

 

繰上返済にかかる手数料に注意しよう

金融機関により異なりますが繰上返済を行う場合、手数料が必要になる場合があります。手数料の有無は今後の繰上返済について大きく影響してきますので、住宅ローンを比較する際は繰上返済手数料についても詳しく比較しましょう。
>>繰上返済と手数料

 

繰上返済と運用

場合によりますが、繰上返済を実施するよりも返済資金を運用した方がより高い経済効果をもたらす場合があります。たとえば低金利時に設定した住宅ローンなどは、もちろん相場などによりますが、運用に回したほうが高い効果を持つ場合もあります。現金が余ったら何が何でも繰上返済というだけでなく、運用という面に目を向ける方法もあります。
>>住宅ローン金利以上の運用ができるなら繰上返済しないという手もある

 

繰上返済と考えておきたいマネープラン(家計の余力)

繰上返済を頑張ることは支払い利息を減らして、返済期間を縮めることができます。その一方で過剰な繰上返済は手持ち現金を減らすことになったり、本来預貯金としてよこしておくべきお金を失ってしまうことになり、家計のリスク対応力を小さくすることにもなりかねません。ここでは繰上返済をする上で考えておきたいマネープランをまとめます。
>>繰上返済と考えておきたいマネープラン

 

金利見直しと繰上返済

繰上返済を実施する最良のタイミングは金利変動時期です。特に金利が上がるほど繰上返済による経済的効果は高まりますので、繰上返済を活用する場合は、金利見直しと一緒に考えるとより効率的であるといえるでしょう。
>>金利見直しと繰上返済

 

過剰な繰上返済は借り換えを困難にする

繰上返済はある程度の目処をつけて行うことが重要です。過剰な繰上返済を繰り返すと、万が一有利な条件の借り換えローンが見つかった場合であっても、住宅ローンの借り換えができなくなることがあるというリスクがあるからです。ここでは、過剰な繰上返済と借り換えの関連性について解説します。
>>過剰な繰上返済は借り換えを困難にする

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンの繰上返済・借り換え