住宅ローン比較.com住宅ローンの繰上返済>繰上返済の方法

住宅ローンの繰上返済には2つの種類がある

繰上返済はその方法により「期間短縮型」と「返済額軽減型」の二種類に分類することができます。ここでは、住宅ローンの繰上返済における期間短縮型と返済額軽減型についてそれぞれの違いや、それらの経済的な意味についてわかりやすく解説していきます。

 

期間短縮型と返済額軽減型

住宅ローンで繰上返済を行う場合は、大きく「期間短縮型」と「返済額軽減型」のどちらかを選択する必要があります。簡単にそれぞれの違いを解説すると、期間短縮型は、繰上返済額の全額を翌月以後の返済額に充ててしまう方法です。こうすることで、住宅ローンの返済期間自体を短くするというものです。
対して、返済額軽減型の場合、繰上返済額を元本部分の返済に充てることになります。そうすることで、住宅ローンの返済期間は変わりませんが、翌月以後の返済額が元本が減少した分、その元本部分の返済額とその利息分だけ軽減されることになります。

なお、細かい仕組み自体は以下で解説しますが、期間短縮型は以後の返済額に変化はありませんが、総支払額を大幅に軽減することができます。対して、返済額軽減型は、以後の返済額を減らすことができますが、総支払額を大幅に軽減する効果は少ないです。

 

期間短縮型のメリットとデメリット

住宅ローンの繰上返済における期間短縮型のメリットは住宅ローンの残存期間が長いほど、また金利が高いほど、総返済額の低減効果が期待できるという点が挙げられます。対して、デメリットとして、繰上返済を行った場合でも以後の返済額自体は変わらないので、極端に繰上返済を行うと手持ち資金が減って以後の生活に支障が出てしまう恐れがあるという点や借り換えの際に不都合が起きる可能性があるということが挙げられます。
>>期間短縮型のメリットとデメリット

 

返済額軽減型のメリットとデメリット

住宅ローンの繰上返済における返済額軽減型のメリットは、一度支払いを行うことで、以後の住宅ローンの支払額がその金額に応じて軽減されることになるため、繰上返済後の生活設計がより楽になるということが挙げられます。対して、利息等の総支払い総額の軽減効果は期間短縮型の方が高くなるので、利息負担総額の軽減には大きくは寄与しないというデメリットもあります。
>>返済額軽減型のメリットとデメリット

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンの繰上返済・借り換え