住宅ローン比較.com住宅ローンの選び方住宅ローン総合ランキング>リフォーム

リフォーム費用一体型住宅ローン比較ランキング

最近増えているのが、中古住宅を購入して同時にリフォームを行い、そのリフォーム費用も住宅ローンに含めるという、リフォームローンを住宅ローンに一体化したローンです。一般的なリフォームローンよりも金利を抑えられるうえ、返済期間も長期に設定することができます。

金利は2017年3月1日現在の水準です。

まだまだ、リフォーム費用を住宅ローンに含めることができる銀行は少ないですが、中古住宅や中古マンションを購入し、自分が好きなようにリフォーム、リノベーションしたいという方にお勧めのローンといえます。

リフォーム費用を住宅ローンに加えることで安くなる

一般的に住宅をリフォームする時、その費用は住宅ローンとは別に「リフォームローン」と呼ばれるローンで手当することになります。

ところが、リフォームローンは住宅ローンと比べて金利が高く、さらに返済期間も短いため、月々の負担も大きくなります。

そこで近年登場しているのが「リフォーム費用一体型住宅ローン」です。名称は銀行によっても異なりますが「住宅購入費用だけでなく、購入後のリフォーム費用も住宅ローンに組み込める、あるいは同じ金利、同じ返済期間で利用できる。」というような点を特色としています。

中古住宅を安く買って、自分好みの家に改築、リノベーションしたいというようなニーズも最近は増えてきているようです。そういう方にはぴったりのローンがこの「リフォーム費用一体型住宅ローン」です。

 

ランキング1位:新生銀行

新生銀行住宅ローン

新生銀行はリフォーム費用を一体にした住宅ローンを組むことができます。さらには、現在の既に別の銀行で住宅ローンを組んでいる方が、リフォームをするときそのリフォーム費用を含めて「借り換え」することが可能になっています。

中古住宅を買いたい方から、今住んでいる家のリフォームを考えている方まで対応できるという点が非常に優れているといえます。
>>新生銀行住宅ローン詳細

 

こんな特徴がある住宅ローンです。
・リフォーム費用も借り換え可能

こんな人に向いている住宅ローンです。
・中古住宅の購入を考えている方
・現在住宅ローン返済中でリフォームを検討している方

固定期間 5年〜35年
上限額 1億円
融資保証料 無料
事務手数料 50000円
繰上返済 無料(1円〜
団信保険料 込み
借り換え 可能

新生銀行 住宅ローン
新生銀行住宅ローン公式ホームページ

 

ランキング2位:ソニー銀行

ソニー銀行住宅ローン

ソニー銀行では、2013年より、「中古住宅購入とリフォームを同時に行う場合」に限り、リフォーム費用を住宅購入費用に含めて住宅ローンを組めるようになりました。

新生銀行と違い、借り換え時には対応していないようです。金利水準は通常の住宅ローンと同じ扱いになりますので、リフォームやリノベーションを計画している方にとっておすすめです。

ただし、新生銀行の場合とは異なり、適用される金利は住宅ローン金利よりもやや高めに設定されている点に注意が必要です。
>>ソニー銀行住宅ローン詳細

こんな特徴がある住宅ローンです。
・リフォーム費用を住宅ローンに組み込める

こんな人に向いている住宅ローンです。
・中古住宅の購入を検討している方

固定期間 2年〜35年
上限額 1億円
融資保証料 無料
事務手数料 43,200円
繰上返済 無料
団信保険料
借り換え 可能

ソニー銀行
ソニー銀行住宅ローン 公式ホームページ

 

ランキング3位:ARUHI住宅ローン

ARUHI住宅ローン

ARUHI住宅ローンではフラット35による長期固定金利による融資に加えて、中古住宅購入時のリフォーム費用も最大1500万円まで上乗せして利用することができるパッケージプランを用意しています。

ただし、新生銀行の場合とは異なり、適用される金利は住宅ローン金利よりもやや高めに設定されている点に注意が必要です。
>>ARUHI住宅ローン詳細

こんな特徴がある住宅ローンです。
・フラット35にリフォーム費用を上乗せできる

こんな人に向いている住宅ローンです。
・中古住宅の購入を検討している方

固定期間 15年〜35年
上限額 8000万円
融資保証料 無料
事務手数料 2.16%
繰上返済 無料
団信保険料 別途
借り換え 可能

ARUHI住宅ローン
ARUHI住宅ローン公式ホームページ

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローン比較ランキング