住宅ローン比較.com住宅ローンの繰上返済ユニークな繰上返済制度>預金連動型繰上返済

預金連動型繰上返済

預金連動型繰上返済とは、自動繰上返済が一歩進んだ形の繰上返済の形です。東京スター銀行などが提供する繰上返済の特約で、その銀行の預金口座に入金されている預金額は自動的に住宅ローンの借入額から控除されその分は利息がかからないというものです。預金しておくだけでよく、資金が拘束されるわけでもないので万が一の場合も安心して預金することができます。預金連動型住宅ローンとも呼ばれます。

 

預金連動型繰上返済のしくみ

預金連動型住宅ローンでは、預金に連動した住宅ローンの繰上返済と同じ経済的効果を受けることができます。

当初の住宅ローン
預金連動型住宅ローンのしくみ

返済が進んだ預金連動型住宅ローン
返済が進んだ預金連動型住宅ローン

預金連動型の繰上返済のしくみは左図のようなものです。

ローン総額がたとえば3000万円だとして、預金に400万円の現金が入っているとします。単純に金利が3%だとすると、通常の住宅ローンの場合、3000万円の3%である90万円がローン金利となりますが、預金連動型住宅ローンでは、ローンの残債から預金総額を控除する事ができうますので、3000万円-400万円の2600万円に対して3%の金利がかかることになり、ローン金利は78万円と年間に約12万円も負担額が減少することになります。

さらに、ローンの返済が進めば(貯金している預金額が増大していけば)預金額とローン残債との差が少なくなり、よりローンの負担額は少なくなっていきます。

このように、預金連動型繰上返済は、繰上返済手数料がかかることもなく、また、資金を拘束されることもなく、住宅ローンの返済をすすめていける返済方式です。

当然、預金連動型繰上返済の場合は、預金については利用者が自由に使えるお金ですので、自由に引き出すことができます。このため、過度な繰上返済による生活資金の枯渇といった問題もなく、住宅ローンの返済に精を出すことができます。

 

どんな人に向いているの?

こうした預金連動型の繰上返済は使える銀行が限られています。
そして、実際にそうした銀行のローン金利は、ちょっと割高に設定されていることが多いという点を考慮しておく必要があります。

東京スター銀行 (2014年3月末をもって新規の受付を終了)
関西アーバン銀行

こうしたサービスを100%活用するには、現預金に相当の余裕がある人が向いています。
たとえば「住宅ローン減税と預金連動型住宅ローンの活用術」でも紹介したような、実際にはキャッシュで買えるけど、住宅ローン減税を活用するためにあえて住宅ローンを組んでいると言ったような方などに向いています。

正直なところ、数十万円とか百万円とかを預金できていると言ったレベルの方でしたら、素直に金利の低い住宅ローンを選択する方がより経済的な結果になると思います。

>>住宅ローン総合ランキングはこちら

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンの繰上返済・借り換え