住宅ローン比較.com不動産・住宅ローン用語辞典索引 > あ行>一般媒介契約

一般媒介契約とは

一般媒介契約(いっぱんばいかいけいやく)とは、住宅取得等の際に、不動産会社と依頼者が契約する不動産売買契約の一種。専属専任媒介契約や専任媒介契約と比べると依頼者と業者の拘束関係は最もゆるい。

一般媒介契約の場合、物件の売買・交換に際して依頼人は契約業者以外の業者に対して仲介を依頼することができる他、自分自身が探した購入希望者と業者を介さない直接契約を結ぶこともできる。しかしながら、不動産会社も依頼主に対して業務状況報告義務は無いほか、目的とする物件を国土交通大臣の定めている指定流通機構に登録する義務も無い。一般媒介契約は不動産売買の仲介において、お互いに最も浅い取引を行うための契約であるといえる。

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローン用語集