住宅ローン比較.com住宅ローンのリスク管理>転職は慎重に

住宅ローンと転職

将来転職や独立を検討されている方は、住宅ローンの設定に慎重になりましょう。住宅ローンを設定するには通常3年以上の勤務実績が必要となります(自営の場合それ以上)。住宅ローン設定後に借り換えなどを利用しようと考えている場合転職や独立による信用力のダウンに対するリスク管理が必要です。

 

転職は信用力が下がるのか?

転職をするということは、たとえ年収がその転職によりアップしていた場合であっても信用度は下がってしまいます。年収の金額はもちろん、住宅ローンの審査などにおいて重要な項目ではあるんですが、それ以上に大事なのは、金融機関にとって、安定的に収入があるのかどうか?がポイントとなってくるのです。

たとえ、ヘッドハンティングされて転職をした場合であったとしても安定性を求める金融機関の側からすれば信用力が下がってしまうのです。

住宅ローンを設定する場合はもちろんのこと、転職による信用ダウンは借り換えにも影響します。多くの金融機関では、勤続3年以上を一つの目安としています。このとおり、転職後3年程度は借り換えができなくなってしまうのです。

こうしたリスクに備えるためには、住宅ローンを抱えている状態で転職をする場合は、以後3年間は固定金利の状態にしておくといった対策の他、今後3年以内に住宅ローンの金利が上がってしまった場合であっても対応することができるように、しっかりと貯金をしておくなどのリスク管理が重要になります。

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンのリスク管理