住宅ローン比較.com不動産・住宅ローン用語辞典索引 > は行>不動産取得税

不動産取得税とは

不動産取得税(ふどうさんしゅとくぜい)とは、不動産(土地および家屋)を取得した人に対してその不動産が存在する都道府県が課税する税金。取得税と名前が付いているように、取得した時に一度だけ収める流通税。

ちなみに、売却益(キャピタルゲイン)のような利益に対する税ではないため、たとえ所有した日が1日しかなかった場合でも課税対象となる。(関連:住宅ローンの費用一覧不動産取得税

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローン用語集