住宅ローン比較.com住宅ローンの基礎知識住宅ローンの種類フラット35フラット35S>フラット35Sエコの利用条件

フラット35Sエコの利用条件

フラット35Sを利用するに当たっては、省エネに関する各種条件を満たした住宅である必要があります。新築住宅・中古住宅ともに利用可能ですが、中古住宅に関しては新築よりも厳しい基準が必要となります。

フラット35Sエコの募集は2012年10月をもって終了となりました。2013年4月1日〜2014年3月31日までは従来の「フラット35S」が利用できます。

 

フラット35Sエコ(金利Aタイプ)の住宅条件
(金利20年引き下げタイプ)

フラット35Sエコ、金利Aタイプはフラット35Sの中でも最も優遇されている内容です。その分住宅に求められる省エネ基準も厳しいものとなっています。

新築住宅・中古住宅共通基準

下記の1〜4のうちいずれか1つ以上を満たす住宅であること。

  1. 省エネルギー性(一戸建てのみ)
    エネルギーの使用の合理化に関する法律に基づく「トップランナー基準」に適合する住宅

  2. 耐久性・可変性
    長期優良住宅の認定を受けた住宅

  3. 省エネルギー性+耐震性
    省エネルギー対策等級4の住宅でかつ、耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)3の住宅

  4. 省エネルギー性+バリアフリー性
    省エネルギー対策等級4の住宅でかつ、高齢者等配慮等級4または5の住宅(共同住宅の専用部分は等級3でも可)

 

中古住宅特有の住宅基準

中古住宅については下記の1〜4のうちいずれか1つ以上を追加で満たす必要があります。

  1. 二重サッシまたは複層ガラスを使用した住宅で、かつ耐震等級(構造躯体の倒壊防止等)が3の住宅。
  2. 建設住宅性能評価書の交付を受けた住宅(省エネルギー対策等級2以上)または中古マンションらくらくフラット35のうち「フラット35S(中古タイプ)」として登録された住宅で、かつ。耐震等級3の住宅。
  3. 二重サッシまたは複層ガラスを使用した住宅で、かつ高齢者等配慮対策等級4または5の住宅(共同住宅の専用部分は等級3でも可)
  4. 建設住宅性能評価書の交付を受けた住宅(省エネルギー対策等級2以上)または中古マンションらくらくフラット35のうち「フラット35S(中古タイプ)」として登録された住宅で、かつ高齢者等配慮対策等級4または5の住宅(共同住宅の専用部分は等級3でも可)

 

フラット35Sエコ(金利Bタイプ)の住宅条件
(金利10年引き下げタイプ)

フラット35Sエコの10年金利優遇タイプです。優遇内容が低くなる分、フラット35Sエコ(Aタイプ)よりも基準は緩くなります。

新築住宅・中古住宅共通基準

下記を満たす住宅であること。

  1. 省エネルギー対策等級4の住宅

 

中古住宅特有の住宅基準

中古住宅については下記の1〜2のうちいずれか1つ以上を追加で満たす必要があります。

  1. 二重サッシまたは複層ガラスを使用した住宅
  2. 建設住宅性能評価書の交付を受けた住宅(省エネルギー対策等級2以上)または中古マンションらくらくフラット35のうち「フラット35S(中古タイプ)」として登録された住宅。

 

おすすめのフラット35サービス比較(もちろんフラット35S対応!)

フラット35なら住信SBIネット銀行がおすすめ

金利も安く、さらに事務手数料も住信SBIネット銀行引き落としにすれば1%と安い。全疾病保障もセットできるので万が一の時も安心です。

>>住信SBIネット銀行のフラット35の詳細情報

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンの基礎知識