住宅ローン比較.com住宅ローンの基礎知識>住宅購入前に知っておくべきポイント

住宅購入前に知っておきたい住宅ローンとお金のこと

住宅は人生の中でもおそらく最大に大きな買い物の一つとなります。その上、多くの部分を住宅ローンという「借金」でカバーするわけですから、慎重に事を運ぶ必要があります。ここでは、住宅購入前にぜひ知っておくべき住宅ローンに関するポイントをまとめていきます。

 

住宅購入は人生最大の買い物

住宅購入は人生における最大の買い物の一つです。統計では、全国平均における住宅平均購入価格は建売で3357万円、マンションで3389万円となっているそうです。(フラット35利用者調査H21年度)

その内、手持ちのお金(頭金+諸費用)は378万円(戸建)、568万円(マンション)は1割〜2割程度が自己資金であとは住宅ローンという「借金」を背負う形となるわけです。

また、返済期間は20年〜30年超と長期におよびます。つまり人生の多くの期間を住宅ローンと付き合う必要があるわけです。できる限り慎重に、また確実なプランニングをする必要がありますよね。

ここでは、住宅購入前に知っておきたい様々なポイントをまとめていきます。ぜひご参照ください。

 

今の家賃と比較は正しいか?

住宅広告に多い、家賃とローンを比較して下さいという記事。これは本当に正しいのでしょうか?これをみると確かに今の家賃よりも安い。それならローンを組んだ方がお得では?と考えるでしょう。しかし、これには大きな問題が欠落しています「金利計算」と「諸費用」です。
>>今の家賃と比較は正しいか?

 

借りれる金額と返せる金額を知ろう

住宅展示場やマンション見学などにいくと住宅ローンの計算なども一緒にしてくれます。このとき気をつけたいのは「借りれる金額」と「返せる金額」は必ずしも同じではないということです。安全な住宅ローンプランを立てるなら、しっかりと返せる金額でお金を借りる必要があります。
>>借りれる金額と返せる金額

 

独身、DINKS、ファミリー、それぞれのと住宅購入とローンの組み方

住宅購入は人生にとても大きな影響をあたえます。今後の家族計画、ライフプランなどをしっかりと考えた上で購入時期を検討しましょう。今後の収入の変化の予想や、子供や家族関連での支出予想などを踏まえたうえで、いつまでにいくらためて、いつ住宅購入をするのかについてしっかりとプランをたてましょう。
>>ライフステージと住宅購入

 

金利が安い今は住宅ローンの買い時?

住宅ローンのようなローン商品を組む最適な時期は「金利が安い時」です。ローンの価格(コスト)は金利であるため、金利が低い時期というのはローンの組み時であることに違いはありません。計画が万全で、住宅購入を検討しているのであれば金利が安い今こそが住宅ローンの「買い時」であるといえるわけです。
>>金利が安い今は住宅ローンの買い時?

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンの基礎知識