住宅ローン比較.com住宅ローンの基礎知識住宅ローンの種類フラット35>フラット35のメリット

フラット35のメリット

フラット35を利用する、契約者側のメリットにはどういうことがあるのでしょうか?ここでは、フラット35の持つメリットについて解説していきます。フラット35のメリットは大きく「35年の長期固定金利」「保証料0円」「建築基準」「相談サービス」が挙げられます。ここでは、フラット35のメリットについてよりわかりやすく解説していきます。

 

35年の長期固定金利による住宅ローン

フラット35最大のメリットは35という長期による固定金利による住宅ローンサービスが第1に挙げられます。通常民間の金融機関は将来の金利変動によるリスクを抑えるため、超長期間における固定金利のローンサービスというのは提供したくないというのが本音です。

ですが、フラット35の場合金融機関は受付のみで住宅ローン債権を住宅金融支援機構に買い取っても羅う事も可能ですので、将来の金利上昇などのリスクを負担する必要がないため、このような超長期の固定金利による住宅ローンサービスを提供することができるのです。

実際に「35年固定金利住宅ローン比較」などをみてもらうと分かりますが、長期固定金利のローンを比較すると「フラット35」が民間金融機関の固定金利ローンよりもかなりお得な水準になっていることが分かります。

 

保証料が無料

通常住宅ローンでは、契約者がて連帯保証人をつけることができない場合、保証会社に保証に入ってもらい連帯保証人となってもらわなければなりません。この場合住宅ローンを設定する際に保証会社に対してその対価となる「保証料」を支払う必要があります。

保証料(住宅ローンの諸費用)」でも解説していますが、保証料はおよそ2000万円の住宅ローンで50万円程度と高額です(条件により異なります)。フラット35の場合は住宅金融支援機構が保証することになりますので、保証料が無料になります。
これはコスト的に考えてもかなりの魅力となりますね!

ただし、最近の住宅ローンでは保証料を無料にする銀行も増えてきています。ですから、フラット35だけが保証料無料というわけではないという点に注意をしてください。

 

繰上返済手数料が無料

フラット35の場合繰上返済手数料が無料となるのもうれしいサービスです。近年では、民間住宅ローンでも繰上返済手数料を無料とする流れがありますが、依然有料としている住宅ローンも多い中、フラット35では繰上返済を無料で行うことができます。 ただし、繰上返済の単位は百万円以上となっています。

追記 2012年8月23日
2012年現在、繰上返済については多くの銀行(都市銀行を含む)でネットからの手続きなら手数料無料とする銀行が増えています(さらには1円単位での繰上返済が可能な銀行もあります)。
そのため、この繰上返済手数料が無料という点は大きなメリットとはもはやいえないですね。

 

団体信用生命保険への加入が任意

フラット35の場合、銀行の住宅ローンが「団体信用生命保険(団信)」への加入を義務付けているのに対して、フラット35の場合、加入は任意となっています。

そのため、持病などで団信に入れない人でもフラット35なら住宅ローンを組むことができます。団体信用生命保険については「審査項目:団体信用生命保険」をご参照下さい。

ただし、注意したいのは「団体信用生命保険」というものは、単なるコストではなく、あなた(正確には遺族)にとっての大きな保証になる点です。
団信は簡単に説明すると、万が一ローン契約者がローン返済中に死亡した場合、以後の返済金がゼロになるという保険です。

つまり、遺族に住宅ローンの債務を残すことなく、相続させることができるわけです。団信未加入で万が一の事があった場合、遺族は残った住宅ローンの債務を支払う必要があります。必ずしも団信が任意というのがメリットだけでないことを理解する必要があります。

また、フラット35では任意で団信に加入することができますが、保険料は別に支払う必要があります。対して、民間の銀行住宅ローンは団信保険料は「住宅ローン金利に含まれている」というが一般的です。詳しいことは「フラット35のデメリット」で引き続き説明していきますので、こちらもご一読ください。

 

おすすめのフラット35サービス比較

フラット35なら住信SBIネット銀行がおすすめ

金利も安く、さらに事務手数料も住信SBIネット銀行引き落としにすれば1%と安い。全疾病保障もセットできるので万が一の時も安心です。

>>住信SBIネット銀行のフラット35の詳細情報

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンの基礎知識