住宅ローン比較.com住宅ローンの申込・審査住宅ローンの審査基準>健康状態

健康状態(団信に加入できるか?)と住宅ローン審査

団体信用生命保険とは団信とも呼ばれる住宅ローン用の生命保険です。公庫の場合、団体信用生命保険への加入は任意とされていますが、民間の金融機関が提供する住宅ローンの場合、団体信用生命保険に加入できることが住宅ローンの審査の一つともされているところが多く、団体信用生命保険に加入できない場合は住宅ローンが取り消しとなる場合もあります。

 

生命保険に加入できないと住宅ローンも組めない

住宅ローンを借りるにあたって、注意したいポイントとして「団体信用生命保険」に加入できるかどうかもポイントとなります。フラット35の場合団体信用生命保険への加入は任意とされていますが、民間の住宅ローンの場合、団体信用生命保険に加入できることが住宅ローン設定の審査の一つとなっているところもあります。

団体信用生命保険は生命保険ですから、極端に健康状態が悪い場合などは加入できないことがあります。ただし、団体信用生命保険は契約者に万が一のことがあった場合も遺族に住宅を残すための保険です。ぜひ加入するようにしておきましょう。団体信用生命保険は住宅ローン設定時のみに加入できる保険ですので、その後入りたいと思っても加入することはできません。

団体信用生命保険とは
団体信用生命保険とは、団信とも呼ばれる生命保険の一種。被保険者を住宅ローン契約者として保険金受取人は金融機関となっている。保険金の金額は住宅ローンの残債額とされ、契約者が死亡した場合、残っている住宅ローンの支払義務が保険金により相殺されるため、残された家族に住宅を無借金で残すことができる制度。

 

団体信用生命保険の審査内容

団体信用生命保険には必ず「審査」があります。民間銀行の住宅ローンの場合は団信への加入が「必須」となっているところが多いので、「団信に加入できない=住宅ローン審査も通らない」ということになってしまいます。

ちなみに、団信の審査がNGになることを「謝絶」といいます。ちなみに、団信の場合保険金の支払い要件に「高度障害状態≠仕事ができなくなる状態」というものも含まれています。
つまり、死亡しない場合でも今後仕事が出来なくなるような状態になった場合には保険金が支払われます。

逆をいうと、死亡するリスクが低い疾病等であっても将来病気が原因で失業するリスクが高い病気や治療を行っている場合には謝絶となる可能性も高くなるという特徴があります。

例えばの例では、視力矯正手術の「レーシック」がありますが、このレーシック手術を理由に団信謝絶となったケースもあるそうです(将来の失明リスク(それによる就業不能リスク)が排除できないため)。
ただし、レーシック手術=謝絶というわけではありません。各金融機関ごとに幹事保険会社は異なりますし、それぞれの保険会社で基準は異なります。

 

健康上の問題で団信に入れない場合には「フラット35」を使う

ちなみに、民間金融機関の住宅ローンの場合には団体信用生命保険が利用条件となっているケースもありますが、「フラット35」の場合は加入義務はありません。そのため、どうしても住宅ローンを利用したいが、昔からの持病のせいで団信には入れない!という場合にはフラット35を検討してはいかがでしょうか?
ただし、団信に加入できないということは、自分に万が一のことがあった場合、遺族に住宅ローンを引き継がせることになります。その他の手段でリスクヘッジ(リスク回避)のための対策は必要になるでしょう。

 

>>住宅ローンの審査基準と審査内容のページに戻る

 

管理人イチオシの住宅ローン

 

 

住宅ローン比較.comHOME / 住宅ローンの申込と審査